ヘモグロビンA1Cの数値が気になる方へ

ヘモグロビンA1Cは血糖とヘモグロビンA1Cが結合したことで発生する物質のことで、血液検査にこの項目があります。
赤血球に含まれる成分を調べる検査であるため、血糖値と共に糖尿病の診断材料になります。

 

つまり、ヘモグロビンA1Cの数値が高いと糖尿病のリスクも高くなるのでとても危険です!
ヘモグロビンA1Cの数値が気になる方は、今すぐにでも改善を始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘモグロビンA1Cの数値を下げるための基本の方法

 

ヘモグロビンA1Cを下げるには血糖値を下げる必要があります。
つまり、血糖値が高い・糖尿病の場合と改善方法は同じ。
基本の改善方法は『食事療法』と『運動療法』です。
食事と運動、一見普通のことですが治療法になるほど、生活が正しい人が少ないと言えます。
この機会に生活を見直してみませんか。

 

まずは食事。
食事では、総摂取エネルギー量だけでなく糖質量も制限しましょう。
ケーキやチョコレートなどの甘いお菓子はもちろん、炭水化物も糖質を含んでいるので摂取量を制限してみましょう。
最も食事改善はとても効果的です。ただし、ヘモグロビンA1Cの検査は直前の食事は殆ど影響しないので、継続することが大切です。

 

同じように継続したいのが運動療法です。
激しい運動は必要ありません。糖質を下げる目的なら簡単な運動でも効果的です。
ダイエットと違い、糖質をエネルギーに変換させるだけなので、通常ダイエットの定番である体を苛め抜くような運動は必要ありません。
軽いウォーキングやスクワットなど、簡単な運動で構いません。継続することが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

血糖値やヘモグロビンA1Cを下げるために有効な成分とは!?

 

ヘモグロビンA1Cを下げるには血糖値を下げることが重要で、食事療法や運動療法が基本です。
しかし、いざ食事を見直して運動を始めようとしても、三日坊主に終わってしまう人も少なくありません…。実際、私も他人事ではないので(^^;

 

食事や運動の見直しは必要なのですが、もっと効率よく改善するためにはサプリメントがおすすめ!
血糖値・ヘモグロビンA1Cを下げる有効成分として注目を集めているのが『サポニン』です。

 

サポニンは血糖をエネルギーに変えやすくする物質とされていて、漢方の生薬としても使われています。
高麗人参や田七人参といった薬用人参の主成分としてもおなじみですね。

 

実際にサポニンによって血糖値の上昇を抑えられたというデータもあります!

 

サポニン配合サプリや漢方薬のユーザーの話では、
「3ヶ月続けてみたら血糖値もヘモグロビンA1C値も正常値まで下がった!」
「運動と併用してみたら凄く効果的だった!」
など、実際に効果を実感された方も多い様子。もちろん、個人差はあるものの有効成分として高い効果に期待出来る注目成分です!